「しおとさとう」劇団放電家族

劇団放電家族「しおとさとう」を観てきた。

友人の自殺を目の前で見てしまう、しお。そこから物語は始まる。

人が死ぬということには、何らかの理由、死因があるはず。理由の周りに人は集まり、群がった人間たちによって、舞台は進められていく。

さとうちゃんに関係した人たちの、関わり方や生き方、過去の出来事が暴露され、その時はあった未来への想いなんかも示されながら、なぜ さとう は死につながる道へと進んでいったのか。

舞台上の役者は、死因を探す行為と、展開によって謎が解かれていく。
それを見ているこちら側は、死因のなぞの解かれ方と、ストーリー全体の繋がりを解き明かす行為を求められる。けどやっぱり途中で、何だかよくわからなくなって、最後は「へー!」とか「あれ?」とか「www」とか思ったりするので、観た後だれかと話して、答え合わせしてみたくなる。

さて、探した死んだ理由としての「原因」は、最後に提示されるのか?それとも謎のままなのか?

と、観客はお話を辿り推理する事以外にも、ストーリ展開、前後する時間、アドリブ、笑い、など舞台上の仕掛け
はたくさんあって。聞き逃す隙が無いくらい。たぶん、一度に全ては把握できない。

物語が始まる前からそこにある、シンプルな形の舞台、小道具、配置される役者たち、役割を与えられては姿を変えて
いく小道具。
必要な場面に応じて、ちりばめられては消えていく言葉や場面。生まれては消え、消えては生まれていくを繰り返す舞台。場面に必要なものを置くという「意図」も観られる。


 「意図」と「原因」


死んだ理由という自分の外にある隠れた「原因」を探し、そこに自分との関わり合いを見出して安心しようとしていたが、まったく誰かの「意図」によって、その「原因」が創り上げたれたものだったとしたら?

ストーリーと一緒になってお話を楽しんでいた見る側は、いつしか作り物の舞台を見せられて謎を解くように仕向けてくる。仕向けられたものなのか、自分でそれを選んだものなのか。

行動の原因、他人の意図、自分の意思、そんなものの絡みっぷりを考えながら、「しお」と「さとう」って、それ自体は打ち消し合うことなく、濃くなれば濃くなっただけの味がするんだよなとも思った。
スポンサーサイト

「ヴェニスの商人」観てきた

ハラプロジェクト「ヴェニスの商人」観てきた。

ストーリーは知られているので省略。

ハラプロジェクトの演出。時代劇とヨーロッパの入り交じったパラレルワールド。ダンスやパフォーマンスは少な目に、けどハラプロらしさは、そこかしこに。

駆け落ちシーンのクルリと周る立ち姿が素敵だった。クルリ、クルリ、マワリ、マワリ、優雅に舞って、欺き、消える。

おひいさんは可愛くカッコよく。ヒロイン、ヒーロー、大岡越前守。裁く行いは、懲悪だけでなく、国を治める法のために。

あと、ハラさんの悪役はハマってたなw。悪い顔してたでw。

「一筋の縄」のくだりは一枚の絵のようで。ひさしぶりに観た七ツ寺でのハラプロジェクトは、舞台美術、役者、衣装、音楽、が交わる世界で舞台っていいなぁと改めて感じました。

それにつけても、おひいさん素敵だった。キレイな役者としてのカオもまた楽しみ。

「シアンガーデン」観てきた

少年王者舘「シアンガーデン」観てきた at 東京。

(ネタバレ含むかも知れないので、これから観劇で、気にする人はスルーで。)

とある部屋に居る人たち。3組?。実はもう少し居るようで、きっと3組。
部屋が代わりながら、時間を切り貼りしながら、出ている役者や舞台となる部屋もレイヤが重なり、部屋の外なのか内なのかも分からなくなりつつ展開していき、行き着く先は…

作・虎馬鯨、演出・天野天街、でどんなだろと思ってた。で、名古屋公演は舞台は出来てはいるものの、東京の方がずっと出来あがっていたような感じで観られた。伊丹はもっと良くなっているんだろうか。行けないのが残念…。

名古屋では、コント展開は少し笑えたけど、天野さんを真似ようとしていたように観えてしまってギクシャク。
東京は、展開や滞る感じもなく、一回観ているのもあってか、理解が進む進む進む。これまでの王者舘よりもマイルドさがあるような感じかと。

夕沈さんの低音ボイス、雨のシリアスフラッシュ、花火映像との重なり、印象的ないくつかのシーンがありーの、個人的には岩本お姉さんボイスとダンスを推したい。とても推したい。お慕い?

さて、お姉さんは本当に居たのか。友達は助けに来たのか、ロボットは完成したのか。すべてが暗く、光ってたロボットの目も暗くなり、全てが見えなくなった時、誰が起きてしまったのか。消えゆく、遠のく、夢のまた夢。


それはまた別の話。

「劇作家とつくる短編人形劇2017」観てきた


一般的な人形劇というよりも、人間と人形とで作る舞台のような。そんなお芝居。3人の劇作家のそれぞれの色が違うように、ストーリーも違ってる短編3作品。



「かもめ」

チューホフのかもめをざっくり削ったらしいのだが、戯曲を知らないので、なんとも。四角関係の愛憎劇とでも言えばいいのか。roo16は昔、G/PITでみたのを思い出す。迫力の狭間のカモメがかわいい。

「MANGAMAN」

ザ・コメディ。マンガの有名なセリフでにやり、どころか(笑)。あと、俺なぜか泣いてた。観てるうちに、なんだかよくわからん感情に(笑)。楽しかった。

「わらの楯」

現実風味の虚構に、ファンタジーと運命とわら人形が交わる世界。最後に残ったわら人形たちの役者顔が忘れられない。ヒトに動かされるのが人形なら、人形でないヒトは居るのかな。



しばらくお芝居観れてなかったけと、今日の3作品まとめて観られて、足らない分が満たされた感じ。

次は何を観に行こう。

節目

始まる節目

終わる節目


変わること

変わらないこと


一様なこと

切り替わること


歩きながら考えて

考えながら歩く


先日の「把゜夢の公演 ALONE AGAIN」と「おとなのかいだん」と、家に帰れば「トイレの神様」

手元にはたくさんのチラシ

みんな自分のやりたいことやってる


それぞれの想い

少しずつ変化していく周りの出来事

仕事で思う変わってないこと

自分に思う変わらないこと


朝は毎日やってきて

春は毎年やってくる


もうすぐ桜が咲きますね