スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ある男、ある夏」見てきた

SA企画。「ある男、ある夏」観てきた。

?月?日。変わりなし。

?月?日。昨日と同じ。

?月?日。書く事なし。


繰り返される毎日。同じような人間が居る中で、自分が消えても周りは変わりなく過ぎていく。会社へ行き、仕事をこなし、パチンコで時間を潰し、女の子とはうまくいかず、時々養老院に母を見舞って…

そんなん見せられたら、自分と重ねないわけにはいかず、帰り道は色々と思いを巡らせるはめに。とはいえ明日から生き方を変えようなんて思わないから、これはこれで自分の生き方だなとも思う。



アフタートークならぬ、アフターリーディング。

星の王子さまの、大切なものは目に見えないんだ、って有名なフレーズ。それと、たくさんの同じモノやヒトがいる中で、それがたった一つの大切なものに変わる瞬間て、なんだろうと思う。

誰かにとって、何かにおいて、自分にとって、それが大切になる理由。それを大切にしたいなと。



役者さんたちの中で、やっぱ火田さんは別格だった。

自分の中で最近気になってる、劇団んいい のお三方も楽しそうで観てて楽しかった。んで、がちアナウンサーの声って全然違うんだ、コレが。

演出の鹿目由紀さんて俺と同じ年なんよなー。覚えとかんとな。

入り口でチケット切ってもらってから、世界違ってて、頑張って仕事切り上げて行って良かった。またやらねーかな。テラヤマ作品。

期待してよう。
スポンサーサイト

刈馬演劇設計社 「クラッシュワルツ」観てきた

刈馬演劇設計社「クラッシュワルツ」をG/Pitで観る。

交差点に手向けられた花。誰が何のために置くのか。いつまで続けられるのかー。

それぞれの思惑と、それぞれが望んだ未来と望まない未来と、ぶつかりつつ、それでも時間は過ぎ去って行く中で、折り合いをつけるのか、自分の意思を貫くべきか。

人間模様と人生の交差点。とあるきっかけで交わる瞬間てあって。
交わるまでは気が付かなくて。交わってからはもう後には戻れなくて。

誰かと知り合うってのは、自分の生き方が変わる、人の生き方を変えてるって事なのかとも思う。

自分だけ、誰とも交わらずに生きるなんてのはできなくて。
自分は真っ直ぐ生きてきたつもりでも、人から見たら真っ直ぐでなくて。
曲がりながら生きてきたつもりが、実はとある出来事への最短距離だったりして。

さて、今の自分はどの道を歩いてるんだろうか、何て思ったりして。

何だかいろいろと考えたお芝居でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。