スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「氷の花火 山口小夜子」観てきた。

「氷の花火 山口小夜子」観てきた。

トツプモデル 山口小夜子さんのドキュメンタリー。

と思いきや、表現者 山口小夜子 としての映画だった!

ランウェイを歩き、世界を舞台にトップモデルにのぼりつめ、身体の表現者として進化していった山口小夜子さん。

57歳って若さで早くに亡くなってしまった。でら惜しい。ああ惜しい。ほんとに惜しい。

初めてかもしれん、ドキュメンタリーで泣いたの。何回、鳥肌立ったろう。

少し前に シルビィ・ギエム って100年に1人って言われる人を知ったけど、山口小夜子さんだって間違いなく100年に1人だ!

美しいって言葉はこの人のためにある。キュートでチャーミングで可愛いって言葉もこの人のためにある。けど、言葉では言い表せない容姿と、立ち居ふるまい、生き方をした、素敵な人。

美しさって大事だな。見た目、考え方、振る舞い、心持ち、などなど、美しさって全てに通じてるんじゃないかって思えた。

ソレってウツクシイですか?

表現者として成長していくシーンで、山海塾、だいらくだかん、寺山修司や美輪明宏、アングラ、…、そんなキーワードがたくさん出てきて、ますます興味がそそられまして。

シネマテークの座席は全部埋まってて超満席!パンフレットも売り切れるんじゃないかって勢いで売れてて。自分は、あまりの感動にパンフレット2冊買って。

今年一番最初にこの映画を観られて良かった。
本当に良い映画だった。

迷ってる人は、絶対に観るべき。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。