スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団アルクシアター「ユウエンチの秘密」

劇団アルクシアター「ユウエンチの秘密」観てきた。

何年も廃墟となった遊園地。幽霊が見えてしまう幽園地かもしれない場所に入っていき、心霊写真を撮ろうとする部外者。カエレ、カエレという声も聞かず奥へ奥へを入っていき、見てしまったもの、知ってしまったものとは。

テーマとなった言葉と、現実に起きていることは非常に重いお話だけれど、そんな状況でもヒトって希望をもって強く生きていけるんじゃないの、人の強さを描いた物語と思った。


巌窟王で脱獄王のモンテクリストは軽やかさと存在感が力強かったな。舞台の真ん中で愛(とか色んな事)を叫ぶ。

初日のDV父ちゃんからは怖さを感じた。暴力が怖かったもの。おっさん怖い。

ジュリエット美人過ぎ。美人すぎるジュリエット。普段の生活では会いたくないな狂わされそう(笑)。しかし、家族劇団であそこまでオペラ美味くなるもんか?って疑問。巧く歌える人は、下手に歌えないものなのかもな。難しそう。家族劇団といえば、全国をテント演劇で周っている家族いたな。

少し脱線した。

ジゴロで食っていけそうな超イケメンが居たな。顔が完全にホストになってた。
うむ、行ったことは無いが名古屋には男装カフェ シャイニングスターズて店があってだな…

また脱線した。

アイは可愛かったなー。泣きながら歌うのは切なすぎる。女優だったのう。少女が大人になっていくさまってのはあーゆーもんなのかね。全国の娘を持つお父さんって大変ね。

全体のダンスも激しくて、迫力だった。けど、やっぱ歌だよなぁ。良かった。

2回観て、2回同じところで泣いてまうしな。

いやー良かったわ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。