スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維新派「アマハラ」観てきた

平城宮跡に作られた舞台。野外劇で、日が落ちてからは、カッパ着て暖まりながらの観劇。

ストーリーは分からないけれど、言葉の断片から自分の中で組み立てていく。

二間すすんで、三間すすんで。
あなたは今、どこに居ますか。
あなたは今、いつに居ますか。
おーい。おーい。おーい。



無数の言葉

今までの時代それぞれで、アジアを舞台に活動していた日本人が居た。平城宮のあった頃だって海を渡って事を成した日本人が居たんだよな。

衣装はいつもの感じだけれど、少女のワンピース姿がとてもキレイで。
大きな動きのないダンスだけれど、ゆっくり動くさまがとても印象的で。
照明が舞台の 外 を照らす瞬間に痺れて夢を見ているようで。
何度も何度も何度も鳥肌が立つシーンがあって。
深い奥行きのある舞台って素敵だな綺麗だな。

世界が違う。次元が違う。宇宙が違う、は言い過ぎか?

松本雄吉さんの舞台が観えなくなると思うと寂しいなあ。

見終わってからの屋台村。暖かいおでんや、ワインや、タコスや、ワッフル食べて。前回大阪に観に行った時は、一人でボーッとしてたら、いつの間にか松本さん隣に座ってたんだよなあ。なんか不思議な感じ。

ふと目をやると屋台の外に祭壇があったので、お礼を言って。

パンフとトートバッグとクリアファイルとVHSテープを記念に買いました。

家にあるDVDは観ないといかん!

今夜泊まるゲストハウスには、海を渡ってきた海外の人がたくさん居て。

今はそんな時代。

今日は来たいところへ。
明日はどこへ行こうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。