FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シアンガーデン」観てきた

少年王者舘「シアンガーデン」観てきた at 東京。

(ネタバレ含むかも知れないので、これから観劇で、気にする人はスルーで。)

とある部屋に居る人たち。3組?。実はもう少し居るようで、きっと3組。
部屋が代わりながら、時間を切り貼りしながら、出ている役者や舞台となる部屋もレイヤが重なり、部屋の外なのか内なのかも分からなくなりつつ展開していき、行き着く先は…

作・虎馬鯨、演出・天野天街、でどんなだろと思ってた。で、名古屋公演は舞台は出来てはいるものの、東京の方がずっと出来あがっていたような感じで観られた。伊丹はもっと良くなっているんだろうか。行けないのが残念…。

名古屋では、コント展開は少し笑えたけど、天野さんを真似ようとしていたように観えてしまってギクシャク。
東京は、展開や滞る感じもなく、一回観ているのもあってか、理解が進む進む進む。これまでの王者舘よりもマイルドさがあるような感じかと。

夕沈さんの低音ボイス、雨のシリアスフラッシュ、花火映像との重なり、印象的ないくつかのシーンがありーの、個人的には岩本お姉さんボイスとダンスを推したい。とても推したい。お慕い?

さて、お姉さんは本当に居たのか。友達は助けに来たのか、ロボットは完成したのか。すべてが暗く、光ってたロボットの目も暗くなり、全てが見えなくなった時、誰が起きてしまったのか。消えゆく、遠のく、夢のまた夢。


それはまた別の話。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。