スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱いっ! 寒いっ!

http://officeperkypat.web.fc2.com/atoyaku.html

変化の前にいるときは、そのままに居れば良い。
不安や、心配は、感じるままに、じつとそのと機を待つ。


「下校の時間 」

学生の二人。雨を前に帰ることが出来ないでいる。傘がない。
雨が、雨音が、二人だけの空間を作っていく。

卒業式を前に、お互い抱えててどうしようも無いことがある。
また、相手の抱えていることをいくらか知っている。
これから、どうするのか。どうしようもない事も分かっていながら、自分の気持ちを相手に話す。
どうしようも出来ない状況を、話すことで、ほんの少し肩の荷を下ろしているかのよう。

ふざけあいながらも、時々、相手に対して、自分に対して、正直に話す。

雨から雪にかわる。状況は何も変わって無いのに。
ほんの少し笑顔になる。目の前にある境遇を受け入れて前に進む。

きっと、二人は学校を離れた後、会うことは無い。


「後厄」

印象的な言葉、「今はきついかなぁ」。ゆっくりとした言い方だけど重く伝わってくる。

繰り返される言葉「大人なんだから」。
どこかコミカルな物言いだけど、その後に続く言葉はない。想像できる、そのあとに続く言葉。

男の姉に猫をもらいに来た、元は恋人と思われる女。
重い空気の中、ギクシャクした3人の関係とは対照的に、働かないバイトとリーダーによる引っ越し屋の二人がコントのように絡んでくる。男は女に未練があるよう。

たぶん、猫を渡した後、二人が会うことは無い。

 ‐

寒さと熱さ、チラシ、演出、未成年と大人、未来と過去、正面と後ろ向き、いろいろな対比の中で繰り広げられるワンシーンを切り取った人間関係。

スポンサーサイト

糸あやつり 高岡親王航海記

ミコさんは天竺を目指す。しっかり者の付き人、春丸と秋丸、コミカルなジュゴン。

糸であやつり、あやつられ、一行は天竺を目指す。海をわたり、陸を進み、山を越え、時には時を越え。
怪しい怪物?化け物?に出会い、その怪しさを越える、ミコたち。

ラスト、彼らは天竺に着いたのか、着いたのならば、そこは現世かあの世か。 

糸あやつり人形の世界、観る前の想像でもう少し小さいかと思っていたけど、全くそんなことはなくて。
天野天街演出もあるだろうけど、舞台のあちらこちら全体で繰り広げられる世界。
時には舞台をはみ出して、全画面スクリーンのような映像とも絡まりながら。
最後は舞台から出できてたりもあり、非常に奥行きのある舞台でした。

 ー

http://itoayatsuri.com/
https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=l5SAmz7sJXs

オペラシアターこんにゃく座「よだかの星」


オペラシアターこんにゃく座「よだかの星」を観てきた。

みにくい みにくい よだか。見た目で苛められることはあっても、自分なりに受け入れて生きてきたよだか。けれど、自分のなかに潜んでいた、今まで気付かなかった、ケダモノさに気付いてしまい、心のバランスを失っていく。

小学校の時に観た記憶しかなく、大人になって何を思うのだろうかと、縁もあり観に行くことに。オペラ仕立てで歌と芝居の2部構成。歌もパフォーマンスと組合わさってて目や耳が楽しい。やはり、後半の芝居の方に興味がひかれる。

今で言う「いじめ」の構図で始まるけれど、きっとそんな感情は人間だけのもの。動物の世界は、残酷なのが当たり前。それは、受け入れて居たように見えた、よだか。

しかし、追い詰められることで、自分の存在理由の矛盾に気づき、絶望に行き着いてしまう。自己矛盾に耐えられない、純粋な心。

最後、他の鳥たちには知られずに星になったのだけれど、残されたものは何を思うのか。何も思わないのか。

空には無数の星。ひとつひとつはどこからやって来たのだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。