スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻視の技術と内なる異界に行ってきた。


いや、別に中二病的なそういうのでなくて。芸分センターで絵やら何やらを観てきた。

だまし絵あり、抽象画あり、メタ絵ありの展示。絵と立体の融合した作品が、一番興味をそそられた。改めて、デカさはインパクトだなと思いました。リトグラフの繊細さにも気づかされたし。

当たり前なんだが、絵という方法の中で表現をされていて、逆言えばそれだけの表現の土台となりうる絵って言うものがあるんだなぁと。
何が言いたいのかというと、そういう伸び代のあるというか、探究していける、表現法方っていいなと、ん、ここまでしか言えんな。うまく。

大須行こうと思ってたけど、疲れたからやめっ。TextTree もMandala9もリリースは来週でいいや。キリつきそうだし。

夜は、また飲んできます…。はー、飲んでばっかだな。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【幻視の技術と内なる異界に行ってきた。】

いや、別に中二病的なそういうのでなくて。芸分センターで絵やら何やらを観てきた。だまし絵あり、抽象画あり、メタ絵ありの展示。絵と立体の融合した作品が、一番興味をそそられた...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。