FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大川興業「Show The BLACK」観てきた

Show The BLACK 観てきた。
http://www.kurayami.info/

人間の気配だけで、演じていることを感じる芝居。
全編真っ暗。漆黒の闇の中。


日常の世界では真っ暗な世界ってのはほんとにごくわずか。
普通に生活していたら目を閉じることをしないと決して入らない世界。


闇の一室にどこからか連れて来られた男が5人

さとう
わたなべ
たなか
すずき
たかはし

お互いの素性もしらず、空間と時間を共有していく。
会話を通じて存在を確かめ合うも、どこか信じ切れないところが残る。
見えないという情報の少なさで人を信じるということ。

一夜明けて、誰かが入ってくる。ケガを負う5人。彼らは最後に光を見つける。



大川興行の公演なので、言葉遊びや小ネタはいっぱい挟んでくるし、掛け合いで笑えるところも沢山。
けれど、ストーリーもちゃんとあるお芝居。

10周年ということで最後の最後の役者さんの挨拶もあり。
衣装やメイクもちゃんとあって、客席の反対側にも実はお客さんがいたっていう2重の驚き。
見えてこそ分かることってあるんだなぁと。

声だけで人を想像すること。血の色や光の色を思い描くこと。
光が存在しての透明人間。闇の中では誰しもが透明人間。

見えていることに依存し過ぎていないか。
見えないことを理由に排除していないか。


面白い体験してきました。また別の公演を "観て" みたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。