FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団アルクシアター「Neat! Neat! Neat!」観てきた

劇団アルクシアター「Neat! Neat! Neat!」観てきた。

弥富又八さんが若い頃に書かれたお芝居。粗いーって思う部分もあるけど、観ている人が抱える心に触れるシーンもあるような、芝居ってこういうのだろうな、ってな舞台。

自分の今いるところ、これから進んで行こうとしているところ、それでも勧めないところ、やっぱり行きたい未来。自分が持つ才能。どうしてもできない限界。


いいんじゃないか。今の自分。けれど…


ストーリーは作られるのではなく、自分によって作られて行くんじゃないだろうか。

一つの筋に話は進んでいくのではなく、いくつもの思わないアクシデントで展開するのも
が事実でもあるだろうし。

色んな要素が入った舞台でした。こういうのが見られるのは、芝居ならではなんじゃないだろうか。

色んな要素という意味では、きっと現実でもそうなんだろうな。筋書きなんて無いんだろうし。

自分の進むべき方向が、自分で正しく選択できますように。

あとマヤさんが相変わらずベッピンだったので、なんかもう色々とアレだわ。

自分のできること、やれることを少しでもやっていこうかね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。