スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万有引力「身毒丸」観てきた。

万有引力の身毒丸を観てきた。母を無くした子の想い、継母の自分の子と他人の子に思う心、見世物舞台。魅せられた観客。

https://banyuinryoku.wixsite.com/index

生バンドの演奏。朱色がかった赤色が印象に残る舞台、衣装、照明。死神にようにも見える黒子。舞台の中心だけでなく端々まで彩る役者たち。

やや舞台が大きすぎた感を感じてしまったのは、きっと2階席だったからか。全部を見渡せたと思われる1階から観たかった。悔しい。

役者は女性がおおかったような印象。寺山舞台が観られたのは素直に嬉しい。「けど」同時に感じたのは、その枠があまりにも強力すぎるのでは無いかなと。最近、舞台関係で大御所が亡くなることが続いたりして、ということは次が出て来るチャンスでもあるんだよなと。なんだかまとまらない。

なんにせよ、心おきなく観ることができてよかった。私事で、とある課題を乗り切るために、先に楽しみを設定して乗り切るつもりで予約したのが1月。無事乗り切って観に行けたので、これでようやく自分の中で方が着いた。


名古屋から少し早目に出て、目的の銀座のギャラリー行って知ったのが「奥野ビル」。こんなビルあったのねってな感じ。何人かのギャラリの人とお話させてもらって、詳細を教えてもらう。ここはまた来ないと。

https://www.travelbook.co.jp/topic/2487


東京日帰り新幹線を気兼ねなく行くには宝くじ当てるしかねぇな。

次は、座・高円寺か。行けたら行く。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。